Advantage

01

40年にわたってお客様の課題に
向き合うことで培われた提案力

太平洋セメント株式会社のシステム部門が独立して誕生した当社は、1980年の設立当初から「お客様の課題を解決すること」が至上命題であり、それは40年経つ今も変わりません。
具体的には、生コンクリート工場における品質管理システムをはじめ、鉱山・砕石業に特化した出荷・販売・重機稼働管理システムなど、お客様の現場の要望に応えるシステムの企画・開発を行ってきました。
様々な要望に対して、可能な限りの最適解を導くこと。日々続く、そうした取り組みが、多種多様な要望に対応できる総合的な提案力を培っています。

Advantage

02

時代の半歩先を見据えて動く、
柔軟な技術力と人材育成

お客様の課題に真摯に取り組むために、当社では既に実績のある技術だけに固執せず、その都度お客様が抱える課題に応じた新しい技術や手法を取り入れています。今では一般的に知られるようになったAIやGPS、画像処理等の技術にも、設立当初から取り組んで来ました。
また、技術力や社内ナレッジの継承に重きを置いており、eラーニングや資格取得制度等の社内体制を整えることで人材育成に積極的に取り組んでいます。その結果、安定したヒューマンリソース内で、お客様の5年後、10年後を見据えた中長期的な改善策を提案・実行することができるのです。

Advantage

03

企画開発から製造、販売、運用保守までカバーする、ワンストップ・サービス

当社は、ハードウェアとソフトウェアの両面に対応できるシステムメーカーであると同時に、太平洋セメントグループの中で唯一の情報処理会社でもあるため、グループ各社の情報システム開発はもちろん、システムアウトソーシングの実績も豊富。システムの企画開発の段階から、稼働後の運用保守も含めたワンストップ・サービスでのご提案が可能です。
近年の保守関連の取り組み事例を挙げると、CTIを導入したコールセンターを開設して、システム導入後のサポートに万全な体制を敷いています。