個人情報保護方針

1.基本方針

個人情報及び特定個人情報は個人の重要な財産であり、会社にとっても無くてはならない非常に重要な価値を持った情報となっています。 パシフィックシステム株式会社(以下「当社」)は、個人情報及び特定個人情報を正確かつ安全に取扱うことにより、個人の情報を守り、その信頼に応えるため、社内に個人情報保護マネジメントシステムを確立し、実施し、維持し、かつ、継続的に改善をいたします。

制定日 2002年10月 1日
改訂日 2015年10月 1日
パシフィックシステム株式会社
代表取締役社長 久保 永史

2.個人情報保護マネジメントシステムの目的

  1. 当社の事業内容及び規模を考慮した適切な個人情報及び特定個人情報の取得、利用及び提供(特定個人情報を除く)の基準と、これを運用する規定を定めるとともに、これを実行し、かつ、維持します。
  2. 個人情報及び特定個人情報への不正アクセス、紛失、破壊、改ざん及び漏洩などが起こらないようにするための行動規範、具体的ルールを定めるとともに、これを実行し、かつ、維持します。

3.組織活動

基本方針を具体化するため以下の活動を行ないます。

  1. 役員及びすべての社員は、個人情報及び特定個人情報に関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守します。
  2. 個人情報保護管理者を選任し、個人情報保護マネジメントシステムの実施及び運用に関する責任及び権限を与え、業務を行わせます。
  3. 個人情報保護監査責任者を選任し、監査を実施します。
  4. 監査結果に基づき、社内の規程、運用の仕方を改善します。
  5. 取引のある企業及び個人に対し、規程の目的達成のための協力を要請します。
  6. 本基本方針は、インターネット上の当社ウェブサイト(www.pacific-systems.co.jp)等に掲載することにより、いつでも閲覧可能な状態とします。
  7. 個人情報保護マネジメントシステムは継続的に改善します。

4.個人情報及び特定個人情報の取扱い

  1. 個人情報及び特定個人情報の収集・利用・提供について
    当社は、個人情報及び特定個人情報の収集にあたり、利用目的を明らかにし、収集した個人情報及び特定個人情報の使用範囲を限定し、適切に取扱います。
  2. 権利の尊重
    当社は、個人情報及び特定個人情報に関する個人の権利を尊重し、自己の個人情報及び特定個人情報に対し、開示、訂正、削除を求められたときは、合理的な期間、妥当な範囲内でこれに応じます。
  3. 安全対策の実施
    当社は、個人情報及び特定個人情報が社外に流失する、不当に改ざんされるなどといったトラブルを引き起こさないように社内規程を整備し、安全対策を実施します。
  4. 苦情・相談への対応
    当社は、本人からの苦情及び相談の要請に対して誠実かつ迅速に対応します。
  5. 当社では、プライバシーの保護を最重要視しています。以下に、お客様から当社にご提供いただく個人情報の保護に関して当社が実際に使用しているガイドラインを記載致します。

お客様のプライバシー

個人情報保護への取り組み

2003(平成15)年4月、個人情報保護の取り組みとして「プライバシーマーク制度」の認証を取得しました。

当社では、従来から情報の適切な管理と安全対策を行なってまいりましたが、個人情報の重要性に鑑み、「個人情報保護方針」を定めるとともに、個人情報のセキュリティ体制をより一層強化いたします。

個人情報に関する苦情及び相談の窓口

当社の個人情報の取扱いに関するご相談、ご要望等については、以下で承ります。
▶こちらのフォームからもお問い合わせ頂けます。

〒338-0837 埼玉県さいたま市桜区田島8-4-19
パシフィックシステム株式会社 総務部 CSRグループ 担当 久保高峰
TEL:048-845-2276
受付時間:9:00~17:30 (但し土・日・祝日及び当社休業日を除く)

当社の個人情報保護管理者

パシフィックシステム株式会社 取締役常務執行役員 杉山 一彦

認定個人情報保護団体

当社は、認定個人情報保護団体である財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)の対象事業者です。パシフィックシステム株式会社の個人情報保護の取扱い に関するご意見等については、同協会内の「プライバシーマーク推進センター個人情報保護苦情相談室」へお申出いただくこともできます。

個人情報の開示等の手続き

当社では、個人情報に関して、利用目的の通知又は個人情報の開示、訂正、削除又は利用停止若しくは第三者提供の停止(以下、「開示等」という)のご請求が あった場合、ご本人またはその代理人であることを運転免許証、パスポート、学生証などの身分証明書、本人が記名・捺印した個人情報の開示等要求に関する委 任状などで確認させていただいた上で適切かつ遅滞なく対応いたします。

個人情報の開示等の手続き

当社では、個人情報に関して、利用目的の通知又は個人情報の開示、訂正、削除又は利用停止若しくは第三者提供の停止(以下、「開示等」という)のご請求が あった場合、ご本人またはその代理人であることを運転免許証、パスポート、学生証などの身分証明書、本人が記名・捺印した個人情報の開示等要求に関する委 任状などで確認させていただいた上で適切かつ遅滞なく対応いたします。
開示等のお申出は、当社があらかじめ定めた様式に従った書面を提出していただくことにより行ないます。
開示等のお申出があった場合においても、個人情報保護法の規定に基づき、その一部又は全部について開示等をしないことがあります。この場合においては、当社は開示等をしない旨及びその理由をお知らせします。
開示等については、当社の「個人情報に関する苦情及び相談の窓口」へお申出ください。

個人情報の利用目的

当社では、お客様への情報提供とサービス向上のため、お客様に個人情報の提供をお願いする場合があります。たとえば、当社サービス・製品についてや採用情報に関してお問い合わせのメールを頂く場合などです。情報を提供の是非は、完全にお客様ご自身に選択して頂くものです。その場合には、お客様のお名前及び電子メールアドレス並びに、 その他の関連する個人情報でサービスご利用のための登録に必要なもののご提供をお願いしています。お客様にご提供頂いた個人情報は機密扱いされ、当社の事業活動を営む目的にのみ使用されます。これには、各種情報処理機器、通信機器、ソフトウェア等の製品の販売、システムの構築、工事業務の提供、保守サービ スの提供、修理業務の提供、パソコン教室の運営、展示会/セミナーの開催、アンケートの実施、クレジット会社への審査申込、請求書等の発行、販売促進物の送付等の活動が含まれます。
お客様に関する情報は、お客様の承諾なく、第三者においてマーケティングまたは勧誘等の目的外使用を目的として第三者に対して提供され、または、売却されることはありません。
当社は、正当な利用目的の範囲内において業務委託先にお客様の個人情報を預託することがあります。
当社がお客様から受託している業務における個人情報及び特定個人情報の利用目的は、人事給与システム等、各種情報処理サービスの契約上の義務を履行するための利用です。

ブラウザのセキュリティ設定

重要な個人情報のリークを防止するためには、まず第一にブラウザのセキュリティ設定をすることが必要です。現在、一般的に出回っているブラウザのほとんどに、以下の事柄が起こると警告メッセージが表示される機能が付いています。

  • 送受信のセキュリティ状態が変更された場合 ・データの送信先のサイトの認識ができない場合
  • セキュリティなしの接続で送信しようとした場合
お使いのブラウザで設定されているセキュリティ機能、さらにその他の設定可能なセキュリティ機能をなるべく早くお確かめください。

本日はアクセスいただき、ありがとうございました。

ページトップ