部門紹介画像ソリューション部

創造、挑戦、感性が画像処理技術を磨き、お客様の「課題解決=ソリューション」をこの磨いた技術で応えます。

  • 画像処理やAI(ディープラーニング)といった技術を用いたシステムを提供する業務を行っています。
  • 人から機械へ お客様の工場等で生産されている製品の品質検査、ロボットピッキングで必要な物体認識等では画像処理技術が要となります。また、一般的な2次元の画像処理技術のみならず、3次元計測技術や新しい技術としてAI(ディープラーニング)等にもいち早く取り組み、お客様の課題解決に日々取り組んでいます。
  • 経験/未経験問わず、業務の中で技術習得が行えるようサポートします。
  • プログラム開発、画像処理アルゴリズム開発に留まらず、カメラや照明の光学知識や各種インターフェイス接続技術、Windows下の制御技術、ハードウェアの設計 等、多彩な技術や知識が身に付きます。

画像ソリューション部の業務内容

お客様が抱えている課題を、色々な分野で培ってきた豊富な経験で解決し、ベストなソリューションを提供しています。

画像ソリューション例
導入実績業種
製造業向けの画像検査システム
  • お客様のニーズに応えた画像検査システムを提供しています。
  • 今一番 ホットな画像検査機は「円筒形外観検査装置」です。
  • 読んで字の如く円筒形外観検査装置は、円筒形(=円柱状)の物の表面検査を行う画像検査機で、通常目視検査では一度に全周を早く検査するのが難しく検査時間が多く掛かったり、検査自体を諦めていたお客様の課題を当部が開発した装置で解決しました。
検査対象例
検査の仕組み

物流向けの画像認識システム

倉庫への製品の入庫、倉庫からの製品の出庫をロボットで行うための製品認識/識別を画像で行う画像認識システムを提供しています。
荷物の積み下ろしや振分けは重労働です。スピードも求められ、人材の確保が重要な要素になっています。昨今人材の確保が難しい状況のなか、当部で開発した画像認識システムが今後必要不可欠になってきます。大きく二つのラインナップがあります。この2つに共通の技術は3次元計測と画像マッチング技術です。

デパレタイズ用ビジョンシステム

倉庫の入庫時、トラック等で搬入された荷物(主に段ボール箱がパレットの上に複数積まれた状態)をばらして倉庫に収納するためのロボットに対して複数の箱から必要な箱を認識して、箱の掴む(把持)位置を正確に計測するシステムです。

バラ用ビジョンシステム

大きな箱の中の小箱の位置を認識してロボットの掴む(把持する)位置を計測するシステムです。
小箱の転倒や傾きにも対応した画像認識システムです。

段ボール箱 3次元計測 バラ用ビジョンシステム

新しい技術への飽くなき探求

AIの取り組み
  • 人が検査している工程(目視検査)の自動化が進む中で、まだまだ通常の画像処理(=ルール/ロジック)では自動化が難しいターゲットが沢山あります。
  • 人の優れた判断や認識を機械的に実現させるためにAIの応用が今後不可欠になると考えられます。
  • 当部では画像の判別/識別に適した AI として「ディープラーニング(深層学習)」に着目し、検査機への応用に取り組んでいます。
  • また、3次元計測技術や可視光外技術なども早い段階から取り組み、技術調査・評価・獲得に努め、新しい課題の解決を行っています。
ディープラーニング(深層学習)

新しい技術の探求は当部の重要なミッションです。

ページトップ