採用情報先輩の声 伊藤 綾香

お客様に「ありがとう」の一言を頂けると
「自分の行った仕事でちゃんとお役に立てたんだ」と
とても嬉しくなります。
伊藤 綾香
2014年入社 プログラマ
卒業学部学科 高度情報学科

これが私の仕事

1年目は、過去にお客様に導入したシステムの保守等の仕事を中心に行っていました。
現在は保守業務を続けつつ、機能追加や改善などの開発作業も行っています。

だからこの仕事が好き!一番嬉しかったことにまつわるエピソードなど

お客様からお礼の言葉を頂いた時。やはりこれが一番嬉しいです。
システムの問合せ対応を行った時や、現地でのPCセットアップ作業を行った時。
一生懸命作業をして、最後にお客様から「助かりました、ありがとう」の一言を頂いた時は「自分の行った仕事でちゃんとお役に立てたんだ」ととても嬉しくなります。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由

この会社を知ったきっかけは、当時通っていた学校から「こんな企業があるよ」と教えてもらった時でした。
当時学んでいた分野が情報学科だったこともあり、就職活動もIT系の企業を中心に説明会等でお話を聞かせて頂いていたのですが、その中で「一番基盤がしっかりしていて安定性がある印象を受けたこと」また「会社説明会や採用試験時の人事の方の対応がとても丁寧だったことに好印象を受けたこと」等の理由から、この会社で働きたいと思うようになりました。

今だから話せる、一番の失敗談は?また、どう乗り越えましたか?

お客様からシステム不具合でのお問合せを頂いた際、不具合の原因が全く分からず、
ただやみくもに原因を探し回った結果、不具合解決までの多大な時間がかかってしまい、お客様にご迷惑をおかけしてしまったことがありました。
今では「一つ一つ問題の原因の切り分けをしていくこと」「お客様が求めていることは何で、そのために自分は何をするべきなのか」を念頭に置き、対応することを心がけています。

入社してから成長したと感じること

「過去に問合せ対応した時の対応方法を、次の問合せ時に活かせたとき」
「過去の開発業務で行ったやり方や考え方を、別の仕事の時に上手く取り込めたとき」
少しずつではありますが、自分が過去の仕事で得た経験や知識を今の仕事に活かせた時に、「成長できたかな?」と感じています。

今後エンジニアとしてやりたい、目指したいことは

自分の仕事だけではなく、他の人の仕事も見ながら学んで、経験や知識を増やしていき、やれることの引き出しの多いエンジニアになれるように頑張っていきたいです。

社内の雰囲気を教えてください

煮詰まっているところや、悩んでいるところがある時は、相談すればしっかりと教えてもらえ、アドバイスももらえる。
また自分の意見がある時は、しっかりと伝えれば受け止めてもらえる。
そういった意味でも、安心して働ける職場だと思います。

学生に向けての就職活動アドバイス!!

会社説明会等、実際にその会社の人と会えて話を聞けるような場は、「少し興味があるけど」のレベルでも構わないので、積極的に参加した方がよいです。
ネット等にも確かに情報は溢れていますが、自分の目で見て、耳で聞いて、感じたものは何よりも有力な自分だけの情報となります。
そうして得た情報を基にして、「自分は何をやりたいのか」「そのやりたい事はこの会社でできるのか」「それを3年・5年・10年と自分の仕事として続けていけるのか」をもう一度考えて見てください。
そうすれば、その職種・会社が自分のやりたいことと本当に合っているのかの良い判断材料になると思います。

ページトップ