新基幹システム構築、ERPパッケージ「GRANDIT」×「InfiniOne Project」で業務効率アップ!

関連ソリューション

お客様データ

太平洋エンジニアリング株式会社様(以下太平洋エンジニアリング)の事業は、セメント製造関連設備を中心とした、多方面での設計•機器供給•建設工事に実績のある「エンジニアリング事業」、各種設備の診断•改善提案に関わる「コンサルティング事業」、設備管理からシステムの構築•改造提案や機器の診断•回復工事に至るまで一貫した「メンテナンス事業」、耐摩耗鋳鋼をはじめとする製品を販売する「鋳鋼事業」の4つの柱からなります。ユーザー系専業エンジニアリング会社として、国内外で高い技術力に定評のある会社です。

東京都江東区木場2-17-12 SAビルディング5F
設立  1976年4月1日
資本金  4億9,000万円
従業員数  171名(2020年6月現在)
事業案内:エンジニアリング事業
     コンサルティング事業
     メンテナンス事業
     鋳鋼事業

BEFORE

課題 ①  業務毎に基幹系システムが散在し、一元的に情報収集・共有ができない
②  システムの運用に手間がかかり、利用者のストレスが増大

 太平洋エンジニアリングはこれまで、業務(工事管理/経理/経費/資材等)毎に基幹系システムを順次導入し、各々でバージョンアップやハードリプレースを繰り返し、利用してきました。しかし合併等により組織や事業が大きくなるにつれ、二つの大きな課題が浮き彫りとなりました。
 一つ目の課題は、一元的に情報収集•共有ができないことです。システムがバラバラなため、全社会議資料を作成する際等、各システムからデータを集める必要があり、タイムリーなデータ把握ができず、情報収集にかなりの工数がかかっていました。また、システム毎に異なるデータベースを利用しており、データの持ち方も違うため共有化が難しく、マスタや実績データを2重入力する必要があるなど、非効率な運用となっていました。 
 二つ目の課題は、工事管理システムにあります。パッケージ製品を利用していましたが、業務に必要な機能を追加するためカスタマイズを繰り返したことで機能が複雑化し、更なる改修ができない状態になっていました。そのため利用者は今ある機能で無理やり運用回避する必要があり、運用負荷およびストレスが増大傾向となっていました。
 課題のほかにも、紙で管理している勤怠管理をシステム化したいといった要望もあり、新基幹システム構築への具体的な取り組みが始動しました。

AFTER

解決 ①  ERPパッケージ「GRANDIT」と工事原価に特化したパッケージ「InfiniOne Project」とのハイブリッド導入により業務効率が向上
②  豊富な標準機能を使いカスタマイズを最小限にしてトータルコスト削減
パシフィックシステムは以下のように解決しました。

 新基幹システムについては当初、全体最適で設計されたERPパッケージ「 GRANDIT」の単独導入を検討していました。しかし太平洋エンジニアリングの原価管理に求められる機能は多岐にわたり、カスタマイズ増大の予兆がありました。そこで視点を変え、工事原価に特化したパッケージ「 InfiniOne Project 」(FutureOne社)と「GRANDIT」の2システムでの構成に変更することで、各それぞれの機能を活用し、カスタマイズ工数を抑制しました。課題であったシステム間の連携は、定期的に自動連携する仕組みを構築することで、連携を意識せず利用できるようにし解決しました。また工事番号をキーとした一気通貫のデータ管理により、帳票等へもタイムリーな最新情報を表示/確認することができるようになりました。
 『新システムの導入により、連携面が効率化され、経営層への情報提供がスピーディーになりました。今後の追加開発で、当社技術者が手作業で行ってきた書類作成を自動化し、業務面の更なる効率化を実現する予定です。』(写真右:管理本部業務部長 澤田 昌久 氏)
 また太平洋エンジニアリングは「GRANDIT」の豊富な機能を活用しています。例えば、標準のワークフロー機能です。申請業務の効率化や、ペーパーレス化等、効果を上げています。さらに働き方改革推進のため、勤怠管理にはパシフィックシステムが開発した「GRANDIT勤怠管理ソリューション」を採用しました。
 『勤務実績と作業実績が1画面で登録できるので二重入力や入力間違いがなくなりました。また管理職は、部下の実績入力画面を見て承認ができるので、負荷状況がタイムリーに確認でき、長時間労働の抑制等の指導や助言ができるようになりました。』(写真左:管理本部調達部 細川 昌康 氏)

新しい基幹システムの概要図

【パシフィックシステムからひとこと】

 太平洋エンジニアリング様のプロジェクトメンバーにお力添え頂き、業務をパッケージに合わせていただくことで導入期間の短縮を図り、プロジェクトを無事成功できましたことに感謝申し上げます。本稼働後は業務負荷の軽減と業務の標準化を実現できました。
 当社には、太平洋セメントグループをはじめとする様々な業種で培った、システム導入の「現場力」に自信があります。基幹システムについて、要件定義から構築、運用までお客様にご満足いただけるよう一気通貫でサポートいたします。お客様の5年後、10年後を見据えたシステム改善案を継続的に提案していきます。

(2020年9月本導入事例作成)

GRANDIT新基幹システム構築事例に関する問い合わせ

以下のリンク先より、お気軽にお問い合わせください。

▷お問い合わせフォーム

パシフィックシステム アピールポイント
 1.  経験豊富な技術者から的確なアドバイスをします
 2.  要件定義から構築、運用までお客様にご満足いただけるよう一気通貫でサポートします
 3.  将来を見据えたシステム改善案を継続的に提案していきます

•会社名、製品名およびサービス名などはそれぞれ各社の商標または登録商標です。
•内容は予告なしに変更する場合があります。