ソフトウェア開発システムインテグレーション

企画から運用保守、ヘルプデスクまで含めた
トータルソリューション

情報化戦略策定、システム化全体計画策定を支援し、業務間、部門間の無駄を無くすべく全体計画を策定します。
計画から開発、テスト、稼動までの一連の開発業務、稼動後の運用、保守まで行います。

はじめに

情報戦略は、経営戦略(営業戦略)と連動したものです。従って、中長期経営計画が策定された時には情報化計画も策定される必要があります。

一方、現状の情報システム技術は、開発手法からインフラ技術まで多岐に渡り、ユーザ自身だけで計画を立案するのは困難な状況です。

パシフィックシステムはこれまでの経験と実績からシステムインテグレーターとして企画・コンサルから、開発、運用まで含めたトータルソリューションを提供致します。

企業の経営者、情報システム担当者の悩みは尽きることがありません

  • 現状システムが老朽化して業務に合わない。
  • 決算結果が出るのが遅くて適切なアクションが取れない。
  • 現状のデータを分析してもっと経営に役立てたい。
  • パッケージを導入すべきか、自社向けにプログラムを開発すべきか、費用も含め判断できない。
  • ネットワークは現状のままで最適なのか。
  • ウイルスに感染等の話を聞くが、我社のセキュリティは大丈夫か。
  • インターネットを活用して戦略的に商売をしたい。
  • 後継者育成を含め自社でのシステム運用が難しくなってきている。

経営戦略と情報戦略の連携

情報システムは経営戦略(営業戦略)と連動したものでなければなりません。

  • 経営戦略を実現するための手段のひとつが情報システムです。
  • 経営戦略に則って情報戦略を策定します。
  • 次にそれを実現するための具体的システム化全体計画を策定します。
  • 全体計画では経営環境を鑑みながら業務モデルを定義し、課題を分析し、中長期情報システム化計画を立案します。
  • 全体計画が立案されると、優先順位により、開発計画を立案し、トップ承認後、開発に着手します。

システム化全体計画

システム化全体計画の対象は業務全体(システム全体)です。
必要に応じて現状業務の課題を分析しながら

  • 情報基盤の整備計画
  • 中長期システム化計画の実行スケジュール
  • 開発効果と費用の算定
  • 実行推進体制

を策定します。

開発化計画

システム化全体計画の中では実施の優先順位、スケジュールが決定されます。

それを受けて具体的な実行計画が立案されます。それが開発計画です。
現在の情報システム技術は多岐に渡り、どの技術を採用すべきかの判断が難しくなっています。
パシフィックシステムは、業務面、技術面の両方からサポート致します!

開発・運用

開発に当たっては、業務知識からインフラ技術まで様々な知識が必要です。

また運用保守段階では、日常の運用、バックアップ作業の他、後継者の育成まで含めた運用体制が必要となり、自社だけでは、システム運用が難しくなっています。
パシフィックシステムは、企画から運用保守、ヘルプデスクまで含めたトータルソリューションを提供致します。

まとめ

パシフィックシステムでは、システムインテグレータとして以下の業務をサポート致します。

情報化戦略策定、システム化全体計画策定を支援致します。
業務間、部門間の無駄を無くすためにも全体計画は事前に必要です。
計画から開発、テスト、稼動までの一連の開発業務を請負います。
稼動後の運用、保守も安心してお任せ下さい。
ネットワーク、サーバー機器等のインフラ技術、運用もお任せ下さい。
サーバー管理もデータセンター・サービスにお任せ下さい。
パソコン関係の質問から業務面の質問まで、ヘルプデスクサポートも行います。

類似・関連製品
お問い合わせ

受付時間:9:00~17:40 ※土日祝日を除く

お問い合わせ
資料請求
ページトップ