農産物生産支援システム青果物トレーサビリティシステム

食の「安心・安全」を見える化し、
ブランドイメージを高めていくトレーサビリティシステム

青果物トレーサビリティにとって最も重要な
生産段階での育成・防除履歴を管理する事が出来るシステムです。

青果物トレーサビリティシステム

  • FAX/OCRシステムで簡単に登録が出来ます。
  • 市場へ出荷前に防除チェックが出来ます。
  • 消費者へインターネットで安心、安全の情報開示が可能です。
システム構成
情報公開

従来の問題点

  • 生産者が個々に栽培履歴、防除履歴を日誌等(紙ベース)で管理しており、手間が掛かる
  • データベース化されていないため過去データを活用できない。(生育状況、農薬使用状況等)
  • 市場では安全性についてチェックする仕組みが殆どない。
    精肉については義務付けられているが、野菜はない。
  • 消費者からの情報を得る手段が無い。
    消費者の食への関心、ニーズ等をシステム的に吸上げる仕組みはない。

FAX/OCRシステムでデジタルデータ化

  • 生産者はOCR専用紙に薬剤使用状況を記載します。
  • FAXなのでどこからでもデータエントリーが可能。
  • データをデジタル化するので集計や確認が一目でわかります。
  • 追加仕様でタッチPCやインターネット(タブレットやスマートフォン)などで入力が可能

青果物を集荷時(市場出荷前)にチェックが可能

  • 集荷時に事前に取り込んだデータと照合し、防除暦等のチェックか可能です。
  • 未使用農薬、農薬使用回数、使用日などをチェックし規定違反の場合は集荷時にお知らせする事が可能です。
集荷時のチェック方法

情報閲覧の仕組みも可能

  • 出荷物と生産者情報・防除暦などの情報を閲覧させることが可能です。
  • 消費者からの問い合わせに対して生産者の検索が可能です。
  • 消費者にインターネットから情報を閲覧させる事も可能です。

消費者に対しては・・・

  • 事前に防除歴等をチェックすることで無登録農薬や危険性の高い農産物混入を防ぐシステムが構築できます。
  • 消費者に対するサービス向上が図れます。
  • インターネットを利用した「生産者の顔が見える」システム構築を通して、お客様の安全・安心に対する取り組みをアピールし、ブランドイメージのアップに繋げられます。

業務の効率化

  • FAX/OCR化によりデータ入力/確認作業が軽減できます。
  • 生産者全体で行なうことで安全性維持の意識の向上が図れます。
  • 蓄積された各種データを、営農指導等に役立てる事が可能となります。
  • 年々変わる登録農薬のデータ更新も簡単に行なえます。

スケジュール

類似・関連製品
お問い合わせ

受付時間:9:00~17:40 ※土日祝日を除く

お問い合わせ
資料請求
ページトップ