画像処理関連システム広視野対応形状検査

広視野/高分解能の実現による新時代の形状検査

ラインカメラ(7500画素)を使用することで、
高分解能の検査を広視野で行えます。
また、輝度曲線画面により、
難しいといわれていたラインカメラの調整が容易です。

広視野対応形状検査について

形状検査の新しい時代の幕開けです。
今までなかなか実現できなかった、広視野/高分解能を実現! 品種替え等によるカメラ位置やカメラ切替は、ほとんど不要です。また、カメラとキャプチャーを入れ替えるだけで通常のエリアカメラ(2次元CCD/C-MOSカメラ)もご利用可能です。
広範囲に点在するマークや検査ポイントを1台の装置で検査できます!!
今までなかなか実現できなかった、広視野/高分解能を実現しました。品種替え等によるカメラ位置や切替は、殆ど不要です。また、カメラとキャプチャーを入れ替えるだけで通常のエリアカメラ(2次元CCD/C-MOSカメラ)もご利用可能です。

画面表示例

検査画面
輝度曲線画面

特徴

  1. ラインカメラ(7500画素)を使用することで、高分解能の検査を広視野で行えます。
    ※7500画素のラインカメラ場合、75μm/画素の分解能でも、560mmもの視野(検査領域)が確保できます。
  2. 型式登録により欠点検出レベルを登録することで、欠点に合わせた検査を的確に行えます。
  3. 欠点情報をPLCに出力可能です。(標準は三菱シーケンサ形式で出力)
  4. 輝度曲線画面により、難しいといわれていたラインカメラの調整が容易です。

用途

  • ガラスやフィルム上のマーク検査
  • 金属板表面のマーク検査
  • 鋳物などのバリ検査
  • 印刷位置の検査

など、多くの場面に適用できます。

広視野対応形状検査の機能

前処理 シェーディング補正、2値化、検査エリア抽出、回転、検査位置補正など
欠点検査 断線、欠け、ピンホール、付着、凹凸、へこみ、マーク有無など
検査結果出力 画面出力: 全体画像、部分画像PLC出力
検査履歴 過去5000件(標準): 全件/NGのみ 選択可
類似・関連製品
お問い合わせ

受付時間:9:00~17:40 ※土日祝日を除く

お問い合わせ
資料請求
ページトップ