こんな課題におすすめ

  • 勤務状況が把握できていない。
  • マスタやデータの二重入力等、会計システム、給与システムとの連携に手間がかかっている。
  • 特有の勤務形態があり、既成の勤怠パッケージでの導入が難しい。

導入メリット

01.勤務状況の見える化
上長は部下の実績入力画面を見て承認することができるので、負荷状況がタイムリーに確認でき、長時間労働の抑制等の指導や助言が行えます。
さらに、打刻機能付きだから出勤・退勤した時刻の記録がワンクリックで残せます。
02.プロジェクト原価に対応
誰がどのプロジェクトで、どれだけ作業しているのかを把握することが可能です。
また、プロジェクト原価機能と組み合わせることで、詳細な実績管理および分析ができるので、適切な要員配置が行えます。
03.かんたん導入
普段お使いのGRANDITメニュー画面から起動出来るので、使い慣れたGRANDITの画面で、スムーズな操作が行えます。
さらに、GRANDITのログイン情報をそのまま継続して利用も行えます。
04.マスタやデータ連携が不要
従業員マスタがGRANDIT内で共通です。
勤務実績は給与モジュールと連携ができ、作業実績はプロジェクト原価管理と連携ができるので、業務の効率向上につながります。
05.特有の勤務形態に対応
会社毎に設定可能なパラメータを多数用意していますので、標準機能のままでも十分に利用できます。
また、ご要望に応じて柔軟にカスタマイズ対応もしますので、会社特有の勤怠ルールがある企業でも利用可能です。

構成

勤務作業実績入力